本報告書は、文部科学省から「発達障害の可能性のある児童生徒に対する教科指導法研究事業」の委嘱をうけ、通常学級において発達障がいの可能性のある児童が、国語と算数において学習上のつまずくポイントを明らかにし、効果的な教科指導の方向性について研究した成果をまとめたものです。

 ぜひご活用ください。

 

平成30年度 発達障がいの可能性のある児童生徒に対する教科指導法研究事業 報告書 [2764KB pdfファイル]