業務の概要

1.現職教育の実施
  各校種別の研修会、講習会を適宜実施するほか、特に次のような研修を実施して担当教員の資質向上と教育内容の充実を図る。

 産業教育担当教員各種研修、家庭科教員研修、産業教育担当教員内地留学、情報教育関係各種研修、進路指導主事及び進路指導担当教員研修
2.産業教育審議会に関する事務

  産業教育振興法に基づき産業教育振興の基本的施策を立案するため、昭和28年に設置。
産業経済界・勤労界・教育界の学識経験者及び関係行政機関の職員から任命した15名の委員で構成。平成11年3月で100回を迎えた。
  審議会内に、「職業教育推進に関する専門委員会」を設置し、本市における職業教育の活性化を推進していくための調査・研究を行っている。
3.デザイン教育研究所における専門教育の実施
  高等学校の造形教育と一貫性、継続性をもった修業期間2カ年の専門教育機関(専門学校)として昭和63年に開設。豊かな創造力と国際感覚を身につけたデザイナーの育成を目指し、より高度な造形教育の徹底を図っている。卒業生は「専門士」と称することができる。