「 より一層キャリアステージに対応した研修体系の再構築により、

                                                  新たな時代のニーズに応える教育センターをめざします。」

 

 

  世界は今、Society5.0(ソサエティ5.0)に象徴されるよう、全ての人とモノがつながり、様々な知識や情報が共有され、過去に類を見ない新たな価値を生み出すことで、私たちが直面する課題や困難を克服していく時代を迎えております。グローバル化が進む中多くの教育現場では、eラーニングが急速に普及し、日本国内でも、コロナウィルス感染症における対応で学校が臨時休業している間、オンラインによる教育コンテンツの配信など、今までに気づかなかった可能性や価値が、次々に具現化しています。

 このような未来を担う子どもたちに、社会の変化に主体的に対応できる「生きぬく力」を養うこと、個性や創造性を培い、「自ら学び考える力」を育てることが求められております。

 平成30年6月に閣議決定された、国の「第3期 教育振興基本計画」におきましても、「夢と志を持ち、可能性に挑戦するために必要となる力」の育成、「社会の持続的な発展をけん引するための多様な力」の育成等が謳われています。

 本市におきましても、「大阪市教育振興基本計画」にありますように、全ての子どもたちが学力を身につけながら健やかに成長し、自立した個人として自己を確立し、他者とともに次代の社会を担うようになることをめざし、子どもたちを取り巻く様々な状況や課題に対する教育改革を進めております。

 この教育振興基本計画の方向性をふまえ、教育センターでは、「研修・研究及び事業を推進することで、学校園教育のシンクタンクとして教員の授業力及び指導力の向上を支援し、すべての子どもの学力向上をめざす」ことを重点に掲げ、教員のニーズやキャリアステージに応じた研修内容の充実を図るとともに、教育実践のイノベーションにつながる研究を推進し、各校園での研究を支援してまいります。

 また、今年度は「教員としての資質の向上に関する指標」を踏まえ、キャリアステージに応じた研修体系を再構築するとともに、内容が重複している研修の整理や、eラーニング研修の充実など、働き方改革の視点も取り入れながら、より効果的な研修を提供できるように取り組んで参ります。

 今後も教育センターでは、「子どもたちの最善の利益」のために全面的に学校園を支援するという使命感のもと、新しい教育活動を創造するとともに、若手から中堅、ベテランの教員や管理職まで、さまざまなニーズや経験に応じた研修や事業の充実を図り、学校教育の研究と修養の拠点として、本市の教育をリードすることができるよう力を尽くしてまいります。

 今後も教育センターの取組に、より一層のご理解とご協力を賜りますようお願いいたします。

令和2年4月

大阪市教育センター

所長 水口 裕輝