○ 目的

  

本市では、最新のICT環境の中で、児童生徒が教え合い、学び合う「協働学習」や「個に応じた学習」等を実践することにより、変化の激しい社会を生き抜くために必要な資質・能力を育成することをめざし、平成25年度よりICT活用モデル校において実践研究を行ってきた。平成27年度から全市24区にモデル校を拡充し、さらにICTを活用した授業づくりの実証研究を行い、その成果と課題を検証し、「大阪市スタンダードモデル」の深化・充実を図る。平成31年度からは、ICT活用拠点校を区に1校以上設置し、ICTを活用した授業公開や研修等を実施し、ICT活用の中核的な役割を担うことで、ICT活用の全市展開を推進する。

 

 

○ 対象

全24区の小・中学校に1校以上のICT活用拠点校を設置

 

学校名 学校名 学校名
北区 滝川小学校 天王寺区 天王寺小学校 城東区 菫中学校
都島区 東都島小学校 浪速区 栄小学校 鶴見区 今津小学校
福島区 大開小学校 西淀川区 大和田小学校 阿倍野区 阿倍野小学校
昭和中学校
此花区 梅香小学校 淀川区 三国中学校 住之江区 南港桜小学校
中央区 中大江小学校 東淀川区 西淡路小学校 住吉区 大和川中学校
西区 堀江小学校
本田小学校
東成区 東小橋小学校 東住吉区 白鷺中学校
港区 築港中学校 生野区 小路小学校 平野区 平野西小学校
大正区 大正中央中学校 旭区 旭陽中学校 西成区 梅南津守小学校