10月21日(日)9:30~12:00

 

学習指導案づくりを通して、児童・生徒の学習意欲を引き出し、「わかる」「楽しい」授業づくりを工夫することをねらいとして「授業づくり1-(2)」の講座を行いました。

小学校班では、各班に分かれ国語科・算数科の授業づくり担当講師から、指導案の作成について指導を受けながら、発問、板書、ノート指導の仕方など、具体的な指導法について考え、模擬授業を行い、理解を深めました。

中学校班・養護教諭班では、担当講師の指導のもと、各教科の学習指導や保健指導について、指導案作成や模擬授業を通して、基本的な授業の進め方など理解を深めました。

 

<授業づくり1-(2)>

  

<受講生の声>

・子ども主体の授業づくりをさらに学んでいきたい。

・授業づくりでは板書技術や発問の仕方など、細かなところまで配慮が必要だということがよくわかった。

・受講生同士で模擬授業を参観し、改善点を指摘し合う中で、授業づくりの見通しを持つことができた。