「体罰・暴力行為防止指針」及び「大阪市部活動指針」を受け、各学校園において、2つの指針と合わせて活用する。ケーススタディによる校内研修の手引き「体罰・暴力行為を許さない開かれた学校づくりのために」を作成しました。

 

20141016-081254.pdf [905KB pdfファイル]