学校園運営研修1

 

日時 … 平成30年10月12日(金)  15時~17時

場所 … 大阪市教育センター 講堂

演題 …「道徳教育を充実させ学校園を真の人間形成の場に」

        ―「特別の教科 道徳」を要として―

講師 … 武庫川女子大学 大学院

教授 押谷 由夫

 

 

押谷先生には、「道徳教育を充実させ学校園を真の人間形成の場に」と題し、ご講演いただきました。はじめに、道徳教育とは何かを丁寧にご示唆いただいた後、学校における道徳教育、そして学校園ごとの道徳教育で何が大切かを教えていただきました。

 また、「考え、対話し、自己の生き方を深める」道徳授業の工夫の仕方や、多面的・多角的に考える基本として「対称軸、時間軸、条件軸、本質軸」の思考の視点移動をするという方法、そして道徳の教科書の活用について講義いただきました。

【留意していただきたいこと】

講演の中で「採択していない他社の教科書の活用」についての話がありました。こちらにつきましては、あくまでも「教材研究」の視点での活用となります。「コピーして授業で活用する」ことについては、著作者の許諾が必要となりますので、くれぐれもご留意ください。

【受講者の声】

・とても参考になり、見通しがもてた。

・道徳教育の本質が分かった。まず大人、私たちがよりよく生きるためのきちんと道徳性を身につけているかが問われていると感じた。

・内容がとてもすばらしかった。