5年次研修

 5年次研修は、「キャリアステージに応じた研修として、自己の学校園組織における役割について意識を高めるとともに、今後の学校園における中核的な役割を果たす教員に向けてより高い専門的知識・技能を高める」ことを目的に実施します。

 

平成29年度 5年次研修2《人権教育研修》

 

日時…平成29年6月30日(金) 15時~17時

場所…大阪市教育センター 講堂

目的…5年次教員として、人権教育をより一層深化・充実するために、人権教育を推進するうえでのスキル・指導力の向上を図る。

【内容】

本研修では、「人権教育の観点からいじめ防止についての対応を理解する」というテーマで全体研修が行われました。

研修では、指導主事からいじめを早期に発見し、未然に防止をするためには担任だけで抱え込まずに組織的な対応が必要であるとともに子どもたちの多様性を認め合う学級づくりを進め、自尊心・自己肯定感・自己有用感を育てるような授業づくりをしてほしいという講話がありました。

    

 

全体会での講話の振り返りをもとに班別に分科会を開きました。事前課題(子ども理解・学級づくりについて)を交流した後、中学校のいじめ事例をもとに4人グループで事例の問題点について協議を行い、各グループで話し合ったことを全体で発表し、共有しました。特にグループ討議では積極的に意見交換をしている受講生の姿が印象的でした。

【受講者の声】

・いじめについて認識がひろがった。職場で気軽に子どもたちの話をできる雰囲気を作っていく必要があると感じた。

・いじめの事例交流では他の学校の先生と交流し、とても参考になりました。

・いじめについての事例をもとに交流してみると様々な意見があり、自分にない視点を学ぶことができました。

・教師の言葉がけや態度ひとつで互いを認めあう気持ちを大きく育むことができると改めて感じました。

・自分にゆとりがないと「ふとした時」に子どもを傷つけたり、先入観・偏見を持たせたりするような言葉を使っているなと思いました。子ども一人ひとりの人権を大切にしていくことに努めていこうと思います。

・幼児教育において自他を認めあうことが自己肯定感を育み、人に優しさにつながると思う。それはこの先の小・中・高でのいじめ問題に大きく影響すると感じました。

 

平成29年度 5年次研修1

   日 時 … 平成29年5月26日(金) 14時30分~17時

 場 所 … 大阪市教育センター 講堂および各研修室

   ねらい … 5年次研修の意義・目的、内容等を理解し、研修に対する意欲の向上を図るとともに、5年目の教員として学校組織における役割・責務を自覚し、充実した教育活動を実践するために必要な知識を習得する。

【全体会】

         

 5年次研修の開講にあたり、大阪市教育センター 大澤啓司教育振興担当課長より研修の「目的」や「5年目教員のみなさんに期待するもの」についての講話がありました。「学び続ける教師であること」「キャリアステージに応じた役割意識をしっかりもつこと」「大阪市の教員としての意識をしっかりもつこと」の3点を実行するために、「1年間研修を学ぶ意欲をもって、主体的に受講し、目標としている教師像に近づいてほしい」と、5年目教員への期待を込めた話がありました。

 奈良教育大学大学院教育研究科 小柳和喜雄教授からは、「5年目教員としての学校組織での役割について」と題して講話がありました。経験5年目の教員の役割について、「学校の教育目標を達成するために、教員自身の職能成長を効果的・組織的に図る必要性」と、「経験のある教員の大量退職によるアンバランスな職員構成の中での学校運営の課題」の観点から説明がありました。

 学校組織でメンターとしても活躍するために、「自分自身の実践を言語化できる」「さまざまな動きにも目を向ける情報力を磨く」「授業研究等で若手教員を導いていくときに何をなすべきかを伝えられる」、そして「リーダーとして導くときには、異なるリーダー感の人がいることを押さえる。」「他のリーダーを支えるときには、フォロアーシップを発揮する」の4つのポイントが示されました。

【班別分科会】

        

   分科会では、校園種別に班別協議を行いました。

   まず、「教師力キャリアアップシート」を活用しながら、自己評価を通じて、「身につけたい教師力」や自己の成果と課題を確認しました。

   その後、自己の課題や校園内における役割等をしっかりと意識し、1年間の研修の見通しを持つために講演の内容をふまえながら「自己の振り返り」「今後の取組み」について、小グループに分かれて意見交流を行いました。

   さらに、自己の課題を解決するため、協議の内容も踏まえて1年間の研修実施計画を作成しました。

 

【受講者の声】

・今回参加したことで5年目であるということを自覚するきっかけになりました。今年1年目標をもって頑張りたいです。

・5年目として、自分から学校園経営に積極的に関わっていこうと改めて思いました。

・5年目としての自覚を持つことができました。見通しを持って、今後、様々なことに取組んでいきたいです。

・自己を振り返るとてもいい機会になりました。

・5年目の教師としてやるべきことがわかりました。