情報モラル教育研修会

平成27年6月24日(水)実施 15:00~17:00 2階講堂

 

  研修概要 

 平成26年度に引き続き豊田充崇先生を講師にむかえ、「子どもたちを取り巻く現状及び情報モラルを推進する具体的方策」と題して講演会を実施しました。パソコンやタブレット端末をフルに活用しながら、数多くの事例を用いて「情報モラル教育はタイムリーな知識や情報を子どもたちのもとにいち早く届けることが肝要である」と熱く語られ、ネットトラブルの現状と対策や課題等についてご指導いただきました。

 講演後、教育センター情報教育グループから、「校内研修及び教育実践実施状況」について、昨年度のアンケート調査の結果と各学校での事例報告やWebページ「ネット社会の歩き方」を用いた実践例を紹介しました。参加者数は377名でした。(資料は教職員用カテゴリを参照)

      講師について

       国立大学法人和歌山大学教育学部教授
     教育学部附属教育実践総合センター長
           豊 田 充 崇  先生
 

  研修会の主な感想や意見等

   ・とても良かった。国語科で取り組みたいと考えているので役立つ。

   ・子どもが「YouTube」に憧れ、危険な遊びの動画を撮り、保護者のアカウントで

        投稿したため、全て削除させた同じようなケースがあった。

   ・大変勉強になり、もっといろいろ話を聞きたいと思った。明日生徒に話そうと思う。

   ・教材まで教わり非常に有り難かった。

   ・情報を発信することの恐ろしさから避けていたが、時代が変わり子どもの中に浸透

    していることが、改めて理解できた。

   ・情報を上手に活用できる子ども育成がとても大切だと思った。「ネット社会の歩き方」を

    見てみようと思う。

   ・情報モラルについて、知らない教職員にも受講してもらいたいと思った。

   ・校内で研修するために、資料やデータもあれば有り難いと思う。

 

  「にぎわいねっと」Web掲載

   ・情報モラル教育資料及びリンク集 (情報教育カテゴリ)

   情報モラル教材・資料(教材・資料カテゴリ)

   ・平成27年度 情報モラルの講演及び資料(教職員用にログインしてください)