学校組織マネジメント、人材育成、危機管理など、さまざまな教育課題に関する研修を通して、トップリーダーとしての資質を高めます

 

平成29年度 校園長研修 一覧表         

研修会名

月日

時間帯

研修テーマ

校園長研修

1

4月27日

10時~12時

パワー・ハラスメントについて

ワークライフバランスについて

2

11月27日

15時~17時

児童虐待防止

新任校園長1

4月13日

9時30分~12時

校園長の職務と課題

新任校園長2

5月16日

9時30分~12時

学校園運営上の諸課題

2年次校園長

9月19日

15時~17時

校園長経験者による講話

2年次校園長の交流

園長研修1

8月23日

15時~17時

幼児教育に関する研修

園長研修2 1月25日 15時~17時

幼児教育指導者養成研修伝達

 

平成29年度 新任校園長研修1(4月13日(木)於:研修室5)

 

 最初に「新任校園長に望む」という演題で、大継 章嘉 教育監より講演があり、現在の大阪市の教育状況や諸課題、新任校長に身につけてほしいことなどをお話しいただきました。校園長からは、「責任の重さを感じる中、子どもたちがいきいきと活動する学校園づくりに取り組む。」と決意の声があがっていました。 

 続いて学校経営管理センター 吉田 摂 担当係長から、「学校園運営と学校園事務について」の講演があり、「事務職員と連携の重要性を再確認でき、今後の学校園運営に活かしたい」との感想が聞かれました。

 

平成29年度 校園長研修1(4月27日(木)於:講堂)

 

 最初に、教職員服務・監察担当 江原 勝弘 担当課長より、「学校園におけるパワー・ハラスメントの防止に関する指針をふまえて」という演題で講演があり、今年1月に策定された指針に沿った学校園の対応についてお話がありました。

 次に、髙橋 直子 弁護士より、パワー・ハラスメントについて具体的な留意点を交えてご講演をいただきました。実施後のアンケートでは、「具体的な判例の紹介もあり、気をつけるべき事柄をわかりやすく教えてもらえた。」などの感想が寄せられました。

 最後に、井上 省三 教務部長より、「ワークライフバランスの推進について」をテーマに、教職員の健康管理について講演がありました。本市教職員の就労実態をふまえ、労働環境の改善など、働きやすい職場づくりに向けて管理職として心がけるべき点の指示をいただきました。

 

 平成29年度 新任校園長研修2(5月16日(火)於:研修室5)

 

  

  最初に、環境科学研究センター 古市裕子研究主任より「学校における環境衛生」と題して、水質や採光・照明など 校園長が留意すべきさまざまな環境衛生基準の中で、特に教室内の空気環境整備についてお話しいただきました。また小・中学校対象に、学校給食の円滑な実施にむけた学校長の役割について説明がありました。

 

 

 

  全体研修後には各校種別に分かれ、教育委員会の方々とともに「各校園の現状と課題」をテーマに班別協議を行いま  した。協議後には「教職員の服務規律確保や危機管理の大切さを再認識できた」や「子どもたちの豊かな教育活動のため、自校の校内環境整備に力を注ぎたい」などの感想が寄せられました。

 

 

 

 

 

平成29年度 園長研修(8月23日(水)於:研修室5)

 

 名古屋学芸大学ヒューマンケア学部 津金 美智子教授をお招きし「幼稚園教育要領等の改訂を踏まえた今後の指導の方向性」と題し、平成30年度より完全実施される「幼稚園教育要領」のポイントを教わりました。

 幼児期において育みたい資質・能力について、新要領に示された「幼児期の終わりまでに育ってほしい姿(10の視点)」を考慮した指導の大切さをお話されました。また、幼稚園・小学校の先生方が「育ってほしい姿」を共有し、教育の円滑な接続を図ることや、今後、幼・小・中・高が連携して系統立てた取組を進めていくことの必要性を説明いただきました。

 園長先生からは「新しい教育要領の内容を(各園で)伝達講習する使命を感じています。とても勉強になりました。」との感想が寄せられました。

 

  平成29年度 2年次校園長研修(9月19日(火)於:研修室5)

 

  最初に、元大阪市立小学校長の大竹 道雄さんより「教育とは子どもを良くすること-問題解決の手立てはひとつにあらず-」とのテーマで講演がありました。児童朝会でのお話や学校で起こる様々な出来事への対応など、ご自身の学校運営への取組を話されました。

 講演後、各校種別に分かれ、グループワークがあり、様々な交流を行うことができました。「講師の先生のお話を伺い、今後も明るくリーダーシップを取っていきたい」や「グループワークの時間が足りないくらい充実した時間を過ごせた。」などの感想が寄せられました。

  

平成29年度 校園長研修2(11月27日(月)於:講堂)

 

   大阪市こども相談センター 田宮 雄介 運営担当課長より「一時保護所の現状と入所児童について」と題して、一時保護所の概要、入所児童への支援や対応、学習の状況等についてお話を伺いました。

 一時保護所は、子どもたちにとって安心できる場にするために、子どもとの信頼関係を築くことを大切にしていると話されました。また、支援の方法やケアの仕方等、日頃職員が心がけていることを説明されました。校長先生方からは、「入所生活の様子がわかった。」「今後も連携を深めていきたい。」との感想が聞かれました。