学校組織マネジメント、人材育成、危機管理など、さまざまな教育課題に関する研修を通して、トップリーダーとしての資質を高めます

 

平成30年度 校園長研修 一覧表         

研修会名

月日

時間帯

研修テーマ

校園長研修

1

4月26日

10時~12時

パワー・ハラスメントについて

ワークライフバランスについて

2

11月19日

15時~17時

児童虐待防止

新任校園長1

4月13日

14時30分~17時

校園長の職務と課題

新任校園長2

5月9日

9時30分~12時

学校園運営上の諸課題

2年次校園長

9月10日

15時~17時

校園長経験者による講話

2年次校園長の交流

園長研修1

8月22日

10時~12時

幼児教育に関する研修

園長研修2 1月29日 15時~17時

幼児教育指導者養成研修伝達

 

平成30年度 新任校園長研修1(4月13日(金)於:研修室5)

 

 最初に「新任校園長に望む」という演題で、大継 章嘉 教育監より講演があり、現在の大阪市の教育状況や諸課題、新任校長に身につけてほしいことなどをお話しいただきました。校園長からは、「長として、どのようなことに気を配るのか等、多くの学びがありました。」「教育監から激励を受け、子供たちのためにがんばろうという思いを新たにしました。」との声があがっていました。 

 続いて学校経営管理センター 吉田 摂 担当係長から、「学校園運営と学校園事務について」の講演があり、「事務職員と連携の重要性を再確認でき、今後の学校園運営に活かしたい」との感想が聞かれました。

 

平成30年度 校園長研修1(4月26日(木)於:講堂)

  

   甲南女子大学 村川 雅弘教授から「時代がもとめるカリキュラム・マネジメント」と題し、お話をいただきました。

 カリキュラム・マネジメントの三つの視点である「教科横断的な視点の教育課程の編成」「全国学力学習調査等の調査結果の活用」「校園内外の人的・物的資源の活用」が大事であるということを、具体的な事例を交え、説明していただきました。

 校園長からは、「たいへん具体的ですぐに実践につなげられると感じた」「カリキュラム・マネジメントを形ではなく、実践につなげて話をしてくださり、わかりやすかった」との感想がありました。

 

平成30年度 新任校園長研修2(5月9日(水)於:講堂)

  

 最初に、環境科学研究センター 古市裕子研究主任より「学校における環境衛生」と題して、水質や採光・照明など校園長が留意すべきさまざまな環境衛生基準の中で、特にシックハウス症候群等、教室内の空気環境整備が大事であるとのお話をいただきました。 受講者からは、「室内空気環境の大事さを再確認した。日常の対策を改めて図りたい」との感想がありました。

 全体研修後には各校種別に分かれ、教育委員会の各担当課長、次席指導主事や総括指導主事から「各校園の現状と課題」と題し、お話をいただきました。受講者から「現在の学校の課題や状況を知ることができ、本校の課題解決に向けた対策を練るのにたいへん参考になった」などの感想が寄せられました。

最後に小・中学校対象に、学校給食課から学校給食の円滑な実施にむけた学校長の役割について説明がありました。