特別支援教育に関する研修を計画するにあたって

 研修を開催する際には、学校・園経営、不登校等のための生活指導や、効果的な教科
指導などと十分に関連させることが必要です。研修会を企画する際には、次の点に留意
しましょう。

 ○ 教職員の特別支援教育に関する意識や知識を把握するとともに、研修内容等の要望
  も聞いて、LD、ADHD、高機能自閉症についての具体的な知識、指導の方法など、
  研修会のねらいを明確にします。

     (例) 「気づき」のための研修会
       「具体的な支援」のための研修会
       「個別の教育支援計画」「個別の指導計画」作成のための研修会 など

 ○ 年間計画については、教職員の理解が具体的な支援につながる研修内容を企画

  します。

 ○ 障がいのある幼児・児童・生徒に、学習不振、登校しぶりやいじめなどのような状  

  態を示す幼児・児童・生徒が少なくないので、そのことも関連させて企画するとよ

  いでしょう。

 ○ 中学校、高等学校段階では、障がいのある幼児・児童・生徒が学校生活や家庭生活

   において問題を抱え、生活指導の対象として注視されることもあることから、生活  

   指導に関する研修でも、生徒の出す様々なサインに気づくための研修を含めること

   が重要です。

 ○ 外部から講師を招く際には、事前に校内の教職員の特別支援教育に関する理解や

       ニーズ、学校の状況についての情報を伝えておくようにします。
   (※指導主事を要請して研修会を開催することもできます。)

 ○「発達障害の理解と支援」DVDを使った研修会の開催例も参考にしてください。

 ○ 実施後は、実際の学級経営や指導に役立っているか、教職員の意見をていねいに

       収集しながら、次回の研修会内容の改善に役立てます。

 ○ 教職員の異動による構成の変更にも考慮して、年度ごとの研修計画を立案するよう

   にしましょう。

    「大阪市立校園用 特別支援教育コーディネーターガイドブック」より